きょうの発言 第11回 川尻の今とこれから

川尻公園(熊本市南区)の桜がことしも見ごろになりました。川尻を代表するお寺、大禅()寺の参道から移した木々も花を咲かせ、古城神社を中心に住民の花見の場になっています。

藩政時代「肥後五ヵ町」の一つに数えられた川尻は、水運を活用した生活物資の搬出入が盛んに行われ、町には廻船

(かいせん)問屋や商家、木工、鍛冶屋宿屋が軒を連ねました。地元の方の多く地名を言うときに船頭町鍛冶屋町、店町岡町、横町、()(じょう)小路(しゅうじ)など昔ながら呼びを使うため外から来た方は戸惑われるかもしれません

その川尻では昨年から「歴史を生かした街並みづくり」の取り組みが始まりました。熊本市と地元住民が一緒に、町屋や歴史的建造物、史跡が立ち並ぶ通りの景観を保存しようというものです。さらに、国史跡「熊本藩川尻米蔵跡」は外城蔵2棟の4年がかりの修復工事が始まり、築80年の川尻公会堂も耐震工事に向けて動き出しました。国土交通省も河川改修を進めるなど、歴史と史跡の町・川尻は大きく変貌しようとしています。

地元の郷土史家らでつくる「川尻文化の会」は2年前から、川尻の歴史を分かりやすく説明する歴史本作りを進めてきました。それがこの3月、「ふるさとの歴史 川尻」(125頁、A4版カラー刷り)として完成しました。平均年齢が80歳を超える古老らが手弁当で編んだ「地元の歴史本」をぜひ、学校教育現場などで活用してもらいたいと願っています。

Trackback:
http://kougeikaikan.jugem.jp/trackback/62
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.